読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

AKB48と大量CDの行方

音楽:その他 ☆大分類:音楽

 

 飛ぶ鳥を落とす勢いのAKB48。毎度『AKB商法』などと言われ、今やメディアで彼女たちを見ない日はないですが、CD内に封入されている投票券で一押しアイドル、通称推しメン輝かせるために、皆さんかなりの金額を使い、(ネット)ニュースでも賑わしていますね。

 

 さて今回は大量買いが問題なのはなぜかです。

 答えは、至極簡単で、『本来CDが主目的のものなのにそれがおまけであること』です。CDが中古行き、もしくはゴミとして破棄されているのは、なんとも悲しいものです。

 

また、その一方でこんな記事も。

 中古業界も万引き対策で、同作品を同時に2枚以上買取しない規定を設けていることや、中古品の大量出により低価格で取得可能ということもあり、CDの再流通は思いのほか高い様子。

 

 

 

 経済的な考えから見てみると、初動売上役162万枚、CD平均単価(通常、限定版)1500円と考えると、約24億円。それに関わるPRや製作費等の関連活動を考慮すれば、何百億?円の経済活動が行われているから、業界の一翼をになっているのは間違いない。

 

 個人的には、『彼女たちは、アイドルであって歌手や女優ではない』という考え。残念ながら、聞くに堪えない曲だったり、お世辞も言えない演技を見させられるのは苦痛ではあるが、時の人を軽視できない事は紛れもない事実ではあります。

広告を非表示にする