読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

マクドナルドの凋落 元クルーから見た消えたメニュー復活問題

ビジネス

 

f:id:SsansanM:20131214120442j:plain

マクドナルド、「消えたメニュー表」が復活 | 企業 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

まぁこのシステムは、実際に上手く利用できなかったというのがありますが。

元マックバイト(スウィングマネージャーでしたっけ?)が戯言を。

 

初見お断り

店舗に来るお客様100人中100人がハンバーガーセットの料金を知ってますか?

これに尽きます。ヘビーユーザーならまだしも、ライト層は安いから、近いから、早いから、美味しいからと来る理由は様々。

 

スピードを削ったスピード

上看板のメニューを(企業的に)目玉アイテムを置くことで、お客様の意思決定、店舗側の注文吸い上げを目指したが、好きなモノを探す楽しさを省いちゃ意味が無い。選ばせない選択は悩む時間を与える。

 

サジェストを忘れたクルー達

メニューは店員からお客様へのサジェスト*1、つまり有効な武器のはずだった。会話を忘れたクルー達の意識は、当然、心ここにあらず。

 

メニューが無いという非常識

結局のところ、大失敗に終わったこの施策。地図もナビもないのに、目的地にたどり着く難しさを理解できなかったとしか思えない。

 

赤字体質だった旧体制から、2004年に原田体制になり、収益企業としての拡大成功戦略を敷いてきたが、今年から会長職に専属?となるらしい。2008年以降は売上減、利益横ばいの苦戦を強いられているが果たして。

*1:アイテム提案

広告を非表示にする