読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

売る気のない国内勢VS覇権を目指すAmazon 電子書籍を巡る戦い

☆大分類:本 デジタル

書店で電子書籍販売へ 来春から13社、アマゾンに対抗:朝日新聞デジタル

Amazonに対抗して「ジャパゾン」って本気ですか? : TECH SE7EN

電子書籍販売推進してないコンソーシアムに思うこと - kanackyの日記

紀伊國屋書店など国内の書店や楽天ソニーなどの電子書店、日販、トーハンなど取次業者の計13社が、書店での電子書籍販売に乗り出す。書店だけで買える人気作家の電子書籍を用意する構想もあり、業界で一人勝ちを続けるアマゾンに対抗できる連合体「ジャパゾン」を目指す。

 

未だに国内書籍市場の約4%ほどの電子書籍市場。各取次御者が攻め手を欠いている中、電子書籍市場の首位のAmazonkindle)に対向するようだが、今までもこういう動きがあったと思いますが、現状ではグダるでしょうね。

 

電子ブックリーダーの規格乱立

koboSonyリーダーのような専用端末型、BOOKWALKER、GooglePlayのような内部ソフト型と『独立』規格となっている*1。勿論、PCなどの他端末にも閲覧が可能にはなって来ているが、海賊版対策などの観点からプロテクトがある。

 

コンテンツの少なさ

著作権法にある出版社と著作者との独占出版権を規律しているが、電子出版権が確立されていないと、いちいち確認を取るお役所方式がある為、事業展開するのにも一苦労。

 

割引率の問題

再販売価格維持制度は『紙』の本のみ対象となる為、電子書籍は安くなるはず。なのに、それほど安くないのは、リーダー側*2か出版社側*3によって値段裁量が違う為。国内を地場にしている企業組は価格低下は売上低下につなげる恐れがある。

 

買うコンテンツとは言いがたい

電子書籍はコンテンツを購入するという前提ではあるが、所詮は企業サービス。サービスから長期レンタルしていること、サービス休止後のコンテンツ処遇など、まだまだ見通しが読めない一面がある。

 

あとがき

もともと電子書籍が流行ったアメリカは、流通経路、コンテンツへの扱い、著作側の強み、本の分厚さなど、変化するメリットが大きかった一員もありますし。

 

意味のない割引は己の首を絞める事は、商いの基礎ですがから、やりたくない理由もわかりますが、保守的と言われたらそれまでですがね。

 

書籍文化の未来――電子本か印刷本か (岩波ブックレット)

書籍文化の未来――電子本か印刷本か (岩波ブックレット)

 

 

 

*1:当然ながらiOSAndroidの壁は大きい

*2:ホールセールモデル

*3:エージェントモデル

広告を非表示にする