読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

ドラえもんは死んだ

☆大分類:アニメ

f:id:SsansanM:20131230192016j:plain

「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」公式サイト

ドラえもん テレビ朝日公式サイト

 

夕食中、ふとTVを眺めた。

青色の猫型ロボットと、丸メガネをかけた冴えない少年がいつもの掛け合いをしていた。

 

今の子供達は大山のぶ代を知らないだろう。藤子・F・不二雄なんてもっと知らないだろう。それでも、原作は残して読んでいる。

 

アニメの変革時期は、ちょっぴり悩んだ。私も大人になった。会社帰りだと既に終わっていて、クレヨンしんちゃんも終わりかけの頃が当たり前となった。それでも、偶には観るし、映画も観に行った。

 

ドラえもん』は既にドル箱だ。漫画、アニメ、グッズ、その他諸々で多くの人を支えている。作者は既に亡くなったが、作品を共に育ててきたんだ。その見返りがあって当然だ。

 

私が言いたいのは、『ドラえもん』の陳腐化だ。過去作品のリメイク、その場任せのゲストキャラ。ターゲット不明の宣伝。作品を大切にしたいのか、作品を売っていきたいのか。どちらとも着かない方向性がアイツをダメにした。

 

 

 

 

 

ドラえもんは死んだ。そう、僕の中で。

広告を非表示にする