読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

社畜卒業宣言 『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』 日野瑛太郎

☆大分類:本 ビジネス

『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』という本を書きました - 脱社畜ブログ

「飲み会も仕事のうち」は、社会人の常識? | あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』発売記念キャンペーン - 脱社畜ブログ

 

はてなブログでチラチラ話題に出ていたので、kindle版を早速購入。

 

あらすじ

――「たかが仕事」でそんなに苦しむのは、アホらしいと思いませんか?――

みんな、「働くこと」に悩んでいます。

「やりがい」って、そんなに必要なのでしょうか?

「お金のために働く」って割り切ることは、そんなに悪いことなのでしょうか?

本書では、大人気ブログ「脱社畜ブログ」の管理人が、みんなが心の中では「おかしい」と感じている

働き方をぶった切り、日本人にかけられた「社畜」の呪いを解消します。

「働くこと」に悩んでいるビジネスパーソンはもちろん、就活中の学生にもおすすめです。

 

超滅私奉公

日本の風潮として、働く=奉公するってイメージが強いです。そりゃ大昔は丁稚奉公という住み込み労働のシステムが出来てましたからね。だから、働く=契約という考えの欧米とは一線を画しています。

 

私はS62・1987年生まれなので、バブルなんて知りませんし、生まれた頃には世の中には不景気ってキーワードが蔓延していました。

 

一歩間違えれば、社会の枠(レール)から『外され』てしまうリアル人生ゲームですから、同僚に、上司に、会社に、お客様におべっか使い、出世、いや保守活動に勤しみますよね。

 

やりがいという社畜の餌

1990年代のバブル景気前は右肩上がりの景気だった為、企業戦士たちは献身的に働きました。終身雇用、年功序列という報酬を求めて。

しかし、バブリーな時代も終わると、余力のない企業は企業戦士からその報酬を削減し始めました。突然のことに錯乱した彼らが別の報酬を求めたのが『やりがい』だと感じます。

 

もちろん、『やりがい』は素晴らしいです。新しい発見ができますよね、でもそれだけです。肝心の報酬*1がないんですよ。その『やりがい』を間違えた方法で糧に成長した結果、めんどくさい社畜が出来上がったんです。経営者から観れば、『やりがい』という餌にした家畜化の完了です。

 

日本人はクッキーの型から出来ている

日本人はクッキーです。何言っているんだと思われるかもしれませんが、要は似たような型から成形されるってことです。保育園・幼稚園から始まり、大学・大学院まで、集団・同一時期・同内容で学んできました。私もその製造過程を通りました。

 

大学に行かれてる、行かれてた人は思い出してください*2。ファッションだけ見ても似たようなものなんですから、考え方なんてもっと似てますよ。

 

そして、日本で就職するということは、企業説明会、面接、社内研修などの工程を踏みます。つまり、そういう型から生まれるということに気づきませんか?

 

労働讃歌


ももいろクローバーZ 労働讃歌 [歌のみver.] - YouTube

ももクロ…良いですよね。

道が外れましたね。今の御時世、アイドルでさえも働こうと推奨していますから、日本人の勤勉さには敬意だけじゃなく報償してもらいたいものです。正直、この勤勉精神は一種の宗教に近いです。

  • やりがいが一番
  • 会社に忠を誓おう
  • みんなと頑張ろう

これ全部の主語は『私』なんですが、損失>利益の構造になっちゃうんですよね。勿論、例外もありますけど、社畜の飼い主は経営者。利益の配分は当然…

 

社畜卒業宣言

著者は『やりがい』にとらわれないなど8つの改善案を出しています。私の身の回りでは無いですが、仕事を苦に自殺される方が毎年いらっしゃいます。そもそも生きてく為に稼ぎに来たのに、死に急ぐなんて本末転倒です。

 

感覚が麻痺するとその改善にすら気づかなくなることがあると思います。まずは、その麻痺を解消する一歩を進めてみたい著作でした。

 

 

 

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。
 
労働讃歌

労働讃歌

 

 

*1:『やりがい』を別のビジネスとして活かすなら話は違いますが

*2:行ってないという方は、大学の最寄り駅のマックやスタバなどを見てみてください。きっと面白い光景が見れますよ

広告を非表示にする