読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

インディーズ時代の傑作集 『ロマンチスト・エゴイスト』 ポルノグラフィティ 感想

☆大分類:音楽 音楽:ポルノグラフィティ

Jazz up

Jazz up

Jazz up

ミディアムテンポのジャズテイスト。出だしでメンバー同士の雑談から、一気に男女のエロい歌物語へ。

 

中身は、男女のあれですよアレ。ルパン三世でお馴染みのベットへのジャンプ・イン!

『mother's sky』ですよ、女性のアレをこう表現するとは卑猥ですね~。だが、それがいい


Century Lovers

Century Lovers

Century Lovers

ハイテンポでエレクトリックな1曲。ライブではこのイントロともいうべき『Before Century』があり、アキヒトが観客を煽りに煽る定番曲でもある。

 

1999年の世紀の終わりを過ごす恋人たちが、次の世紀の終わりの恋人たちに送る超難問。けど、それはあいも変わらず、そして愛も変わらないたった1つの真実。


ヒトリノ夜

ヒトリノ夜

ヒトリノ夜

独りぼっちの夜は寂しいに決まってる 『ヒトリノ夜』 ポルノグラフィティ - 写真とオタのコングロマリット

 


ライオン

ライオン

ライオン

スローテンポで重低音の響く 1曲。色々と解釈があるが、私はこう解釈してます。

  • ライオンは華やかな女性。
  • 臆病者は一歩の歩みを出せない男性、つまり消極的な男性。
  • 傍観者たちは臆病者以外の男性達、つまり積極的な男性。
  • サバンナはライオンが群がる場所、つまり夜の酒場。

 

今でこそ草食系男子とか肉食系女子なんて言われるけど、結局は男性は女性の手の上で転がされているし、女性の美はあっという間に枯れていっちゃう皮肉たっぷり感が良い。

 

憂色~Love is you~

憂色~Love is you~

憂色~Love is you~

スローバラードでピアノとギターの融合が素晴らしい。インディーズ時代の『Love is you』のリメイク。

 

好きだった人と別れて、ベットで横になると、ふといろんな思いがが襲って眠れなくなる。別れってあらゆる思い出をマイナス側に引きずり込んでいくんですよね。上手く表現できないけど、悲しみの根源みたいな。


Heart Beat

Heart Beat

Heart Beat

ミドル・ハイテンポが入り混じってシュプレヒコールのような1曲。作詞作曲をak.homma氏が手がけている珍しい1曲で、次のマシンガントークも同じ。

 

身の回りはなんだかんだで変化が乏しい。そりゃ、毎日お祭りや革命なんて起きないですし。でも、胸のドキドキにまかせてなにか始めれば、きっと何かが変わっていく。新進気鋭だったデビュー時のポルノがイノベーターであるかのようにも感じますね。

 

マシンガントーク

ハイテンポで流れるような言葉使いが特徴。まさにタイトル通りで、息もつかせぬ構成。

 

女性はおしゃべりが大好き、ドタバタの恋が好きで、それに付き合う男性。でも、ラブラブモードは案外静かという、周りから見たら慌ただしいなぁっていう図。仲が良ければオールオッケーですよ。


デッサン#1

デッサン#1

デッサン#1

スローバラードで低音で進むパートと、高音のサビという落差のある1曲。アキヒトの実体験をハルイチが詞にした。

 

別れをデッサンすると、大概、非常に冷たいタッチになっちゃう。その結末が分かっていれば、なんとかして温かいタッチにするんですが…


アポロ(New Appolo Project Version)

イントロのカウントダウンの追加と、 アウトロのぶった切り。

デビュー曲にして完成形 『アポロ』 ポルノグラフィティ - 写真とオタのコングロマリット


ラビューラビュー

ミドルテンポでボサノバ調の1曲。非常にまったりとしたムードが流れます。

 

愛されてるって、とても幸せなことだとふと思うんですよ。ちょっとしたことでも愛すべき存在で、それを見つけてもらうって物凄く大切なんです。

 

ジレンマ(How To Play ”didgeridoo” Version)

イントロにオーストラリアの民族楽器『ディジュリドゥ』を加えている独特なアレンジ。

独りぼっちの夜は寂しいに決まってる 『ヒトリノ夜』 ポルノグラフィティ - 写真とオタのコングロマリット

 


リビドー

リビドー

リビドー

ハイテンポなロックテイストで、ギターのカッティングが印象的。タイトルの『リビドー』は心理学で、性欲・性的衝動を意味していて、非常に荒々しい1曲。

 

当たり障りないとか、ありきたりな言葉を聞きたくないんですよ、愛している人から。もっと人間的・本能的にさらけ出してほしいって思うんですよね。2人の間に、見えない壁なんかいらないし。

 

ロマンチストエゴイスト

デビュー曲にして完成形 『アポロ』 ポルノグラフィティ - 写真とオタのコングロマリット

 

 

広告を非表示にする