読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

理解し合う会話って難しい 『ひらがなで話す技術』  西任暁子 感想

☆大分類:本
「ひらがな」で話す技術

「ひらがな」で話す技術

 

あらすじ

では、どうして「話す」のかというと、
それは自分が知っていることや
感じていること、考えていることなどを、
相手に伝えるためにほかなりません。

でも、本当なら内容をしっかりと伝えたいはずの相手にとって
「わかりにくい」話し方をしてしまっている人がたくさんいます。

どうすれば、
相手にとって「わかりやすい」話し方ができるのでしょうか?

 

感想

著者はラジオDJということで、相手に確実に・簡単に伝える方法として、ひらがなを利用した話法を以下の点から解説してます。

  • 丸い言葉
  • 句読点
  • 言葉のつぶの大きさ

 

これを要約すると、

  • 幼稚園生でも分かる言葉
  • ながなが話さない
  • しっかり、ハキハキと話す

になります。

 

私もよくありますが、ひとりよがりの話にしないことが大切。『言葉のキャッチボール』と言いますが、相手と私がいて初めて会話になるんですよね。相手が理解するのではなくて、相手と一緒に理解するっていう気持ちが大切なんじゃないですかね。

 

関連:【終了】Kindle 2014冬のセールで購入したもの ビジネス・写真関連 感想 - 写真とオタのコングロマリット

広告を非表示にする