読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

【打ち切り】 3-4-3で世界を目指せ!! 【釈明会見】 カルチョビット 3DS プレイ日記⑪ #ゲーム #3DS #NPFC

☆大分類:ゲーム ゲーム:カルチョビット3DS

f:id:SsansanM:20140721170239j:plain

 

記事内容

3-4-3で世界を目指す高い目標を掲げていた東京キャッツ監督のSM氏。N1昇格後、下位低迷の為、策を講じてきたが、第8節:京都ブロス戦に5-2で敗北した事を受け、フロントとの協議の上、解任が決まった。なお、後任については決まっておらず、早急な候補立てが急がれる。

 

記者会見

ーこれより、東京キャッツ、SM監督の会見を始めます。

 

記者:N1昇格後、下位に落ち込んでいましたが、シーズン序盤での解任。率直なお気持ちをお聞かせください。

SM監督:これだけの環境がありながら、チームをトップに押し上げられなかったのは、私の采配ミスです。残念でなりません。

 

記者:昨季は降格回避のため、5-4-1のフォーメーションを採用されていましたが、何故でしょう?

SM監督:このチームに優先されるのは、理想よりも勝ち点を得ること。最低でも引き分けを意識すれば当然の選択でした。

 

記者:負け越しはしましたが、日本代表選手に選ばれた方もいました。その点については?

SM監督:私は指導をしただけで、それはきっかけです。彼らは自身の力でそのポジションを手に入れた、それだけです。

 

記者:3-4-3と攻撃なシステムを採用していましたが、これは通用しなかったということでしょうか?

SM監督:3-4-3はかつてのオランダ代表にあるような洗練されたシステムです。選手達もそれを理解し試合に望んでいました。それ以上の戦略を相手チームが持っていたということです。

 

記者:最後に、選手達やサポーターに何か一言。

SM監督:まず、ここまで応援してくれた皆さんに感謝します。皆さんの多大な強力がなければFリーグからここまで来ることはなかったでしょう。道半ばでチームを離れるのは残念ですが、東京キャッツなら更なる高みを目指せると思っています。

 

ー以上で、東京キャッツ監督、SM監督の会見を終わります。今後のリリース情報については決まり次第、お知らせいたします。

 

後期

3-4-3でカルチョビットはハードゲーでした…

広告を非表示にする