読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

空港というセミオープンな舞台は似合わない? ダイ・ハード2 感想

☆大分類:映画


DIE HARD 2 TRAILER - YouTube

 

あらすじ

前作の事件より1年後のクリスマス。妻の到着待つワシントンDCのダレス国際空港にて、護送中の麻薬王奪回を狙うテロ集団と遭遇したマクレーン刑事が、再び「最悪の1日」に身を投じるアクション巨篇第2弾。

 

感想

前作から監督が変更し、原作『ケネディ空港着陸不能』を採用、冬のダラス空港と上空を旋回する飛行機機内とのダブルシーンを使ってます。

 

前作の警察官パウエル、悪徳記者ソーンバーグ、マクレーンの妻ホリーが出演していますが、基本的にマクレーンとはストーリー軸が別なので、あまり面白さがなかったんですよね。

 

タイトルの『ダイ・ハード』は本来、『頑固者』だったり『不死身』って意味があるのに、今作はあんまりマクレーンを活かせなかった印象。どちらかというと、飛行機墜落を回避するサスペンス要素が強いかな。

 

ただ赤と青はアクション映画のスピードに任せて見ていると見逃すので面白い仕組みですよね。ただあの識別だと簡単に見破られそうだけどどうなんだろう?

 

この時のマクレーンはまだ髪があります。

 

広告を非表示にする