読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

ロスト故郷世代 実感のない田舎のイメージ

生活

今週のお題「ふるさと・夏」

f:id:SsansanM:20100604145708j:plain

以前にも書きましたが、私は東京生まれ東京育ちです。こういうと色々語弊を産みますが、必要最低限の生活はでき、親には感謝してます。

東京、特に東東京(江戸川区)20数年住んでるけど、まぁまぁ便利だよ。 - 写真とオタのコングロマリット

 

実家住まいの実家通い

20うん歳にもなって実家に住んでいるなんてと思うでしょうが、

  • 賃金の問題
  • 生活費の問題
  • 移動の問題

この3大問題が解消されない限り、あまり一人暮らしのメリットがない。特に金額の面では、家に入れる金額を手取り額30%程度にしてますが、一人暮らしではなんやかんやでストレスが増す生活になるかと。

 

『ふるさと』なんてイメージだった

だから私のイメージする故郷は、電車を乗り継いで、縁側でスイカを食べて、涼しい川辺で遊んで、夜には花火をするといった想像しかないんですよね。小さいころトトロをみて、これが日本にもあるのかなんて、幼心に感じましたよ。それぐらい、私の中で田舎とか故郷は実感のないものでした。

となりのトトロ [Blu-ray]

となりのトトロ [Blu-ray]

 

 

 

さよなら、ふるさと

ロスト・ジェネレーション*1なんて言葉もありますが、わたしはむしろゆとり世代なんて揶揄される世代*2なので、安全・堅実志向でいくなら、無理をする必要性が感じられないんですよ。出るとしても、通勤圏内と考えると、都下、千葉西部、埼玉南部、神奈川東部といった、それこそ都市型に属すと思っています。

 

f:id:SsansanM:20120504122858j:plain

 

あと、都市型になれると、地方は色々と不便。日々の生活に急かされるのに慣れてしまうと、スローライフな環境にいると、正直イライラしてしまう。もうシティージャンキーなんですよ。

 

いろいろありますが、

さよなら、『ふるさと』。

*1:国によって捉え方が違うよう失われた世代 - Wikipedia

*2:高度成長、バブルなんて経済的豊かさはあまり実感しないですね…

広告を非表示にする