読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

来る日に向けて、コスプレ向け撮影機材を考える #カメラ #C86 #コミケ

☆大分類:写真 写真:雑談

トピック「夏コミ」について

 

スケベな美麗溢れるコスプレイヤーを撮りたいと思うのは、カメ子なら誰しも思うもの。

ネットでググると過去の先人たちの努力の跡が。

コミケでコスプレを逆光で撮る事について - Togetterまとめ

コミケ撮影覚え書き2:必要なものを準備しよう2(ストロボ以外の機材について) - インターネット

 

私はもっぱら建物撮りが好きなので、広角~標準が好みだが、コスプレ、広義で言えばポートレートでは、

  • 対象を際立たせるには、上半身、バストアップなど部分撮り
  • 対象を際立たせるには、背景をボケさせる
  • 対象が目を瞑らないよう逆光
  • 熾烈な人混みを勝ち抜く

が考えられる。描写で群を抜く単焦点レンズは正直、枚数で稼ぐような現場では意味が無いのでズームレンズが役に立つのかな。基本的に50mmが人の目に近いとは言うが、トリミングなどを考えればそこまで縛る必要性はないとみた。

 

後々編集するなら、RAWが良いだろうが、面倒くさいなら枚数で稼ぐ。写真は〇〇で稼ぐというように、足だったり、枚数だったりと意外とアナログちっくな事が多い。

 

長々書いても分かりづらいので、上の4点を解決するなら、

  • カメラはフルサイズまたはAPS-C。ミラーレスだと心もとないか。
  • 標準レンズを基本に、必要であれば望遠レンズ。ただ、現場では交換するチャンスは少ない。
  • ストロボを付けて、逆光対策。レイヤーさんの事も考え、弱めが良い。
  • 迷惑をかけない程度に、ポジションに移動。

 

来る日に向けて、練習あるのみ。

 

 

 

広告を非表示にする