読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とオタのコングロマリット

写真、音楽、ゲームを中心に

【写真】 拝めば幸せ?曼珠沙華の里、日高市は彼岸花が満開です。 日高市巾着田

☆大分類:写真 写真:日中

日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページ

巾着田*曼珠沙華開花状況!【巾着田・日高市】|An AZURE SKY|ブログ|TOMO 。|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

 

いつも愛読している『An AZURE SKY』さんの記事に巾着田彼岸花が色鮮やかに掲載されていた…

 

私<行くっきゃねー!

 

そういうわけで、えっちらおっちら電車に揺られて行ってきました。撮影日は2014/09/23のどピークです。

 

 

私が採用したルートはJR八高線高麗川駅。バスが一日一本、タクシーも疎ら、おまけにこのシーズンは国道が観光で大渋滞なので、早く出かけるか、後日掲載予定の記事でも追記しますが、高麗駅からのほうが徒歩でもタクってもいいかもしれないです。私は11時台にタクシーで裏路地をスイーと。

 

f:id:SsansanM:20130923120342j:plain

f:id:SsansanM:20130923120657j:plain

f:id:SsansanM:20130923120527j:plain

 

wikiによると

彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。また、「天上の花」という意味も持っており、相反するものがある(仏教経典より)。ただし、仏教でいう曼珠沙華は「白くやわらかな花」であり、ヒガンバナの外観とは似ても似つかぬものである(近縁種ナツズイセンの花は白い)。『万葉集』にみえる「いちしの花」を彼岸花とする説もある(「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」、11・2480)。また、毒を抜いて非常食とすることもあるので悲願の花という解釈もある(ただし、食用は一般的には危険である)。 

 

つまり、毒にもなるし良薬にもなるヒガンバナ。きれいな花には棘があるとはよく言ったもんです。

 

もし行ってみようかなと思う方に注意ポイント

  • 三脚は許可されていますが、緑地内は禁止。周りをよく見てマナー厳守
  • 駐車場は園内、付近にありますが、午前の早い時間で満杯です
  • 入園料が300円かかります
  • ドッグランもありますが彼岸花周辺は禁止
  • 駅から歩くのが結局早く着く

 

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)

 

 

今週のお題「秋の気配」
広告を非表示にする